インプラントと歯周病

インプラントと歯周病

口の中には500種類を超えるほどさまざまな細菌が生息していると言われます。
これらの細菌はあまり害になるようなことを普段はしないのですが、
もし十分なブラッシングが行き届かないとこれらの細菌が粘着性の物質を作り出して歯の表面に付着するのです。
この物質のことをプラーク(歯垢)と言います。
プラーク1mgの中には10億個もの細菌が活動しており、
それらの菌が虫歯や歯周病をひき起こすのです。
このことから「歯周病」とは、プラーク中の細菌によって引き起こされる歯肉の炎症性疾患と言えます。

 

歯周病はかつて「歯槽膿漏」と呼ばれていたことで分かるように、
重度になると歯茎から血や膿が出てきます。
さらに歯を支えている歯槽骨(顎の骨)が次第に溶けることから、
歯のグラつきや抜け落ちることにつながるのです。

 

インプラントは人工の歯根を顎の骨に埋入することから、
顎の骨量が十分でないとできない治療です。
歯周病で顎の骨が溶けて骨量が少ない場合や骨量が十分でも
歯周病に罹ったままでは失敗を招く可能性が高いことから、
インプラント治療は行われません。

 

インプラントと歯周病には密接な関係があります。
そのことからAAP(アメリカ歯周病学会)では
インプラント治療は歯周病の専門医が行うべきだという考え方は常識だと言われていますが、
わが国ではそうした考え方は常識にはなっていません。

 

なおインプラントも歯周病と同様に、
歯周病菌によって歯肉の炎症や歯槽骨などの破壊を起こす「周囲炎」という病気を引き起こすことがあります。
インプラント周囲炎は歯周病よりも10倍以上も進行が速いことから、
十分な歯垢除去(プラークコントロール)が必要です。

 

 

関連ページ

インプラントとフッ素
インプラントとフッ素
インプラントのトラブル事例
インプラントのトラブル事例
インプラント絶対的不適応
インプラント絶対的不適応
インプラント治療が向いている人
インプラント治療が向いている人
信用出来る歯科医院の特徴
信用出来る歯科医院の特徴