インプラント絶対的不適応

インプラント絶対的不適応

インプラントによって、歯を失っても快適に日常生活を送れているという人もたくさんいます。
そのため歯を失えば、インプラントをしたいと思っている人もいるでしょう。
しかしインプラントとは、全ての人に適した治療法とは言えません。
インプラント絶対的不適応な人も存在しているためです。

 

ではどのような人が、インプラント治療を行う事が出来ないのか紹介します。
まず顎の骨に放射線治療を受けている人は、インプラント治療が出来ません。
癌の治療で放射線治療を受けた人は、放射線の影響で口の中で炎症が起きやすくなってしまいます。

 

インプラント治療をしても、インプラント周囲炎が起きるだけでなく、顎の骨そのものがダメになる可能性があります。
絶対に危険なので、インプラント治療はしないで下さい。

 

また1型糖尿病の患者も、インプラント治療は出来ません。
なぜかというと、糖尿病で免疫力が低下しているためです。
そのため口の中で、細菌感染が起こりやすい状態です。

 

インプラント治療中に、細菌感染が起こるリスクもありますし、インプラントが骨と結合する事が出来ません。
骨の結合も免疫機能と関係しているためです。

 

その他に、ホルモン治療を受けている人もインプラント治療は出来ません。
ホルモン治療を長期間受けていると、薬の作用で骨が壊死するリスクが高まります。
そのため治療を行った後に、骨が壊死したり、骨が腐ってしまうと、顎の骨の摘出などの大手術が必要となってしまいます。
リスクが大きいのでインプラント治療は避けた方が賢明です。

 

そのため持病がある人は、必ず事前に歯科医と相談して、
インプラント治療が可能かどうか確認をして下さい。
いまの自分に合わせた治療を提案してくれる歯医者さんへの予約はこちらからhttp://www.noah-dental.com/

関連ページ

インプラントと歯周病
インプラントと歯周病
インプラントとフッ素
インプラントとフッ素
インプラントのトラブル事例
インプラントのトラブル事例
インプラント治療が向いている人
インプラント治療が向いている人
信用出来る歯科医院の特徴
信用出来る歯科医院の特徴