インプラントの素材

インプラントの素材

「自然な歯にしたいから、インプラントをしたい」と考えている方もいると思います。

 

「インプラントにすれば、食事などもスムーズに出来るだろう」と思っている方もいると思います。
しかし、それぞれ予算もあるでしょうから、
「あまり高額な費用は、出せない」という方もいるでしょう。

 

インプラント治療は、どういった素材を選ぶかによっても費用が変わってきますから、
素材選びも重要となります。

 

では、インプラントを行う際の素材についてご紹介しましょう。

 

インプラントを行う際に用いられる素材としては、チタンが多くなります。
チタンにも、様々なタイプがありますが、
純チタンの場合には準度が高いチタンを使用することになり、
強度が高いという特徴があります。

 

治療を考えている方の中には、金属アレルギーがある方もいると思いますが、
純チタンであればアレルギーが起こりにくくなります。

 

保険との親和性も高いため、抜け落ちる心配もないでしょう。

 

そして、チタン合金は、純チタン同様に骨との結合性が高いという特徴があり、
強度も高い素材となっています。

 

チタン、ニッケル合金の場合には、成形しやすいという特徴がありますが、
結合性は純チタンとチタン合金と比べると骨との結合性は低くなってしまいます。

 

「どの素材が良いのだろう?」と迷った時には、
歯医者で相談しながら選んでいくと良いでしょう。

 

このように、インプラント治療を行う際にはどういった素材を用いるかによっても、
特徴が変わってきます。

 

「予算内で収めたい」と考えている方も、
まずは歯医者で相談してみてはいかがでしょうか。

 

インプラントに関する相談なら西新宿にあるS&Aデンタルクリニックがおすすめです。http://www.sa-dental.tokyo.jp/