インプラントの長い歴史

インプラントの長い歴史

インプラント治療と言えば、最新の治療というイメージがありますよね。
日々医療技術の進歩に応じて、治療法も変化し機能性と安全性が高まっているため、
最新の治療である事は間違いありません。
ですが、インプラントの歴史自体は古く、
なんとヨーロッパでは紀元前3世紀からインプラント治療が行われていたのです。

 

紀元前3世紀に、インプラント治療が可能な医療技術が存在したの?と驚きますよね。
当然現在のようなインプラントの仕上がりとは、程遠いモノがあります。
しかしインプラントとは、人口歯を挿入するという意味です。

 

そして紀元前3世紀のインプラントは、鉄製のインプラントを使用していました。
その後、紀元7世紀になると、南米では貝殻のインプラントを使用していました。
もちろん、どちらも機能性が悪く、耐久性も短期間しかもたないものでした。

 

ですが、その後も金やエメラルド、サファイヤ、アルミニウムなど様々な素材で、インプラント治療が行われました。
このような歴史の積み重ねがあったからこそ、
現在主流となっているチタン製のインプラントの素材に辿りつく事が出来たのです。

 

チタンがインプラント治療に用いられる事になったのは、ある偶然の産物が大きく影響しています。
1952年に、スウェーデンの学者がある研究のために、ウサギの骨にチタン製器具を埋め込んだのです。
そしてその研究中に、チタン製器具が骨と結合し、
取り出せなくなった事で、チタンが骨と結合しやすい素材である事が発見されたのです。

 

そしてその発見が初めて人に応用されたのは、1965年です。
チタン製のインプラントを用いた治療がスタートしました。
チタン製のインプラントの機能性により、インプラント治療は世界中に急速に広まりだしたのです。

 

インプラント治療できる歯科医をお探しの人へhttp://satori-dental.com/